保険市場

生命保険の保険料はどう決まるの?

生命保険は、基本的には自分が死亡した時に家族が困らないようにするために利用するサービスです。様々な内容の商品が開発されており、保険料を支払った本人が受け取れるような内容のものも多数登場しています。

生命保険の保険料は、保険会社や商品ごとに異なっていますが、基本的には、純保険料と付加保険料により構成されており、純保険料はどんな商品であってもほぼ一定です。保険料の商品ごとの違いは付加保険料の差によるものです。

純保険料とは、保険料の内で保険金と給付金の支払いにあてる予定の部分であり、人間の生死の統計データに基づいて算出されて決定されます。年齢が高くなるほど死亡する確率は高くなるので、支払う保険料も高くなります。

もう一方の付加保険料とは、保険会社の利益となる部分の金額です。サービス内容が高くなるほど支払う金額も大きくなる傾向にあります。純保険料と付加保険料とを足して計算された保険料が、商品ごとに異なっているのは、サービス内容の違いによるものとも言えます。

どのような商品が適切であるのかは、その人の状況によって異なっています。どの商品を選ぶのが最適であるのかは、自分の状況を明確に把握する必要があります。その上で商品についての学習を行えば、見合った保険を探し出すことになります。