保険市場

生命保険の種類って?

生命保険には様々な内容の商品が用意されていますが、『定期保険、養老保険、終身保険』の3つがベースとなっており、これらについて理解する事により適切な商品を選択出来るようになります。

定期保険とは、掛け捨て保険とも呼ばれる補償が一定期間のみ有効という内容の保険です。決められた期間内に死亡したり重大な障害が起きた場合のみ保険金が支払われます。積み立て方式ではないので、保険料は安くなっています。

定額保険のメリットは、保険料が安いという事の他に、見直しを行いやすいという点を挙げられます。支払った保険料は基本的に払い戻される事がないので、解約してもデメリットがそれほどないからです。

養老保険は、保障と貯蓄の両方の性格を併せ持った内容であり、保険期間内に死亡や障害が起きた場合に加えて、保障期間に達した満期を迎えた場合にも保険金が支払われます。

支払った保険金が無駄になる事がないというのが養老保険のメリットであり、人気を集めている理由です。しかし支払わなければならない金額は、それほど安くはないというデメリットがあります。

終身保険は、生涯補償されるという保険であり、いつ死亡しても保険金は支払われます。定期保険や養老保険の欠点を補う内容であり、最後の砦として利用出来る保険です。

これらを組み合わせて、様々な内容の保険が登場しています。